認知行動療法研究会会社概要リクルートお問い合せ
社員のストレスや悩みを解消し、生産性の向上を目指す企業・団体向けカウンセリングサービス。【EAP】
EAPHOMEEAPとは何かサービス内容セミナー情報導入事例推薦者の声FAQ
EAPカウンセラー養成講座 睡眠指導者育成講座

静岡認知行動療法研究会

認知行動療法は、効果研究によってその有用性が実証されている、数少ないエビデンスベイスト な心理療法、カウンセリング手法の一つです。気分障害や不安障害に効果があることは既に多くのところで知られていますが、産業保健の分野や予防領域においても実際に役立つものであり、適用範囲が広いことから、今後ますます日本でも認知行動療法への関心と活用への動きが高まることは間違いないでしょう。

しかし一方で、認知行動療法の専門家が少ないことや、学習機会が不足していることが以前から指摘されていました。地方都市においてはさらにその傾向が強くなっています。そこで、この度、以前より認知行動療法に積極的に取り組んできた(株)フジEAPセンターが主体となり、カウンセラー仲間と共に、認知行動療法を学び、研鑽を積む場として「静岡認知行動療法研究会」(勉強会)を立ち上げることになりました。

認知行動療法に興味をお持ちで今後実践してみたい方、臨床現場で認知行動療法を試しているが今ひとつ自信が持てないという方、文献(書籍)を読んだことはあるが適用の仕方がよく分からないという方等、共に学び、臨床家としての専門性に磨きをかけませんか?皆様の意見をお伺いしながら、一歩ずつ前進していく所存ですので、ご興味のある方はお気軽にご参加下さい。

静岡認知行動療法研究会 概要 

目的 認知行動療法の研究及び実践トレーニング、相互研鑽
参加資格 ・臨床心理士・精神保健福祉士・産業カウンセラーの資格保持者
・心理系の大学院(修士課程、博士課程)を修了された方
・医療関係者(医師・看護師・保健師)
※上記以外でも興味のある方は歓迎します。
日程・会場 2008年度〜2010年度まで休会しておりましたが、2011年度より再開します。
今後は年1回〜2回程度のワークショップを開催する予定でおります。

<2011年度>
認知行動療法ワークショップ(初心者向けの入門講座)2011年8月27日 終了
認知行動療法ワークショップ(初心者向けの実践講座)2012年1月28日 終了

<2012年度>
認知行動療法ワークショップ
発達障がい傾向のクライアントに対するCBTを活用した職場適応支援 2013年2月2日 終了

<2013年度>
認知行動療法ワークショップのご案内
不眠の訴えのあるクライアントに対するCBTを活用した支援の実際 2014年2月1日 終了

<2014年度>
認知行動療法ワークショップのご案内
不眠の訴えのあるクライアントに対するCBTを活用した支援「実践編」2015年1月24日 終了

<2017年度>
認知行動療法ワークショップのご案内
1日じっくりワークで学ぶマインドフルネス&スキーマ療法ワークショップ
日時 2017年7月9日(日)10:30〜17:30(受付開始10:15)
会場 TKP浜松アクトタワーカンファレンスセンター 25階
定員 50名
受講料 13,000円(消費税込み、事前振込)
講師 伊藤絵美(洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長)


プログラム概要
●マインドフルネスについての講義、体験、グループワーク
●スキーマ療法についての講義、体験、グループワーク


詳細・お申込みはこちら

事務局 (株)フジEAPセンター 担当/坂部
連絡先 電話:054-251-6500
Eメール:sakabe@fujieap.com

参加希望の方は、「認知行動療法研究会申込みフォーム」より必要事項を記入の上、送信下さい。
認知行動療法研究会申込みフォームへ
認知行動療法参考図書

■認知療法・認知行動療法(1)基礎編

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳
大野 裕 (著) 創元社

認知療法の基本が分かりやすく学べる入門書。まずは自ら書き込んで自習してみることをお勧めします。
本の厚さやボリュームもちょうど良いので、クライアントに紹介して少しずつ読んでくることをホームワークとしているカウンセラーも多いようです。

「うつ」を生かす―うつ病の認知療法
大野 裕 (著)  創元社

うつ病の認知療法の基礎が非常に分かりやすく解説されている良書。具体的なスキルである「認知的技法」「行動的技法」の基本がよく理解できる。またクライアントに対して認知療法を説明する際に使えるフレーズやヒントも数多くちりばめられているため、認知療法を学ぶカウンセラー必読の書と言えるのではないでしょうか。

心のつぶやきがあなたを変える―認知療法自習マニュアル
井上 和臣 (著) 星和書店

認知療法学会の事務局を務め、普及活動にも尽力されている鳴門教育大学井上和臣先生の書籍。
同時に「CD-ROMで学ぶ認知療法」が発売されており、国内で販売されている数少ない認知療法の教材として重宝されています。書籍と合わせて学習を進めると、認知療法の具体的な流れやセッションの様子がよく分かります。不安障害に対する基本的なアプローチ方法も合わせて学ぶことができます。



■認知療法・認知行動療法(2)理論編

認知行動療法
坂野 雄二 (著)  日本評論社

我が国における認知行動療法の第一人者である坂野雄二先生の名著。認知行動療法を学ぶにあたって我々の仲間の間では「教科書」と呼んでいます。この本を読まずして、認知行動療法は語れません。

認知療法・西から東へ
井上 和臣 (著)  星和書店

井上和臣先生の認知療法への熱き思いが感じられる書籍。「認知療法の基本」「うつ病の認知療法」「認知療法の応用と実践」「認知療法のさまざまな可能性」から構成されている。特に予防的な観点からビジネスマンのストレスマネジメント法としての発展を期待したい。



■認知療法・認知行動療法(3)実践編

認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト
ジュディス・S. ベック (著)  Judith S. Beck (原著), 伊藤 絵美 (翻訳)他

この書籍に出会った時、「まさにカウンセラーが求めていた本だ!」と直感しました。この本は時間を掛けてでも十分味わい尽くす価値のある本でしょう。当研究会ではテキストとしてこの本を活用し、定例会で順を追って学習を進めていく予定です。定例会に参加される方はご購入をお願い致します。

認知療法ケースブックこころの臨床a・la・carte第22巻増刊号(2)
井上 和臣(著) 星和書店

認知療法の適用範囲は日々広がりを見せています。このケースブックでは、様々な症例に対し、認知療法がどのようなアプローチができるか、具体的に学ぶことができます。

〈増補改訂第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法
デビッド・D.バーンズ (著)  その他  星和書店

バーンズ博士の名著。以前は認知療法のテキストと言えばこの本をあげる先生方がよくいらっしゃいました。最近は改訂版が出ましたが、難点は相変わらずのボリューム感。但し、内容は非常に勉強になるので、腰をすえてじっくりと取り組む方には良いでしょう。

株式会社フジEAPセンター
Copyright (C) 2006 Fuji EAP Center. All Rights Reserved.