認知行動療法研究会会社概要リクルートお問い合せ
社員のストレスや悩みを解消し、生産性の向上を目指す企業・団体向けカウンセリングサービス。【EAP】
EAPHOMEEAPとは何かサービス内容セミナー情報導入事例推薦者の声FAQ
EAPカウンセラー養成講座 睡眠指導者育成講座

EAP研究所

EAP研究所

フジEAPセンターは国内でトップ集団を走るEAP専門会社です。これまで数多くの企業の現場で試行錯誤しながらEAPの導入及び運用に関わり、「あるべきEAPの正しい姿」について考え、実行してきた知識と経験があります。

そこで、この度EAPに対する「正しい理解の輪」を広げていくことを目的に、EAP関連情報を積極的に発信していくことに致しました。EAPについて初めて聞く方も、さらに理解を深めたいと思っている方も役立つ情報かと思います。皆様のご意見もいただきながら、EAPの研究及び情報発信を今後も続けていきたいと考えておりますので宜しくお願い致します。

EAPレポ−ト

NO.1「我が国におけるメンタルヘルス対策の課題」
メンタルヘルス対策が進まない理由は2つあり、その課題解決を担うのがEAPです。
NO.2「EAPとは何か」
まずはEAPの定義や目的を正しく理解することから始めましょう。
NO.3「EAPの支援内容」
EAP専門会社は具体的にどのようなサービスを提供しているのか?にお答えします。
NO.4「海外のEAP事情」
EAPはメンタルヘルスプログラムではなくHRプログラムです。
NO.5「3次予防から1次予防へ」
「事後対応」から「予防」へ、「予防」から「組織活性」へ、がキーワードです。
NO.6「職場復帰の可否判断について」
最も旬な話題である3次予防のポイントです。社内対応の標準化が今求められています。
NO.7「EAPと社内スタッフの連携」
守秘義務と安全配慮義務をどう両立させるか?個人情報保護の観点からもとても重要です。
NO.8「ストレステストと個人面談」
テスト実施後の面談は、広報の仕方や対象者の選定に工夫が必要です。
NO.9「積極的な広報活動」
「継続して」「定期的に」情報発信をしてこそ効果が上がります。
NO.10「ストレスコーピング教育」
「認知行動スキル」「DESC法」「問題解決法」等が注目されています。

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社Acrobat Readerが必要になります。

EAP参考図書

EAPで会社が変わる!―人事部・管理職のためのメンタルヘルス対策
ジャパンEAPシステムズ(著)  税務研究会出版局

EAP業界で最も歴史・実績のあるジャパンEAPシステムズの松本桂樹氏が中心となって書かれた実践書。非常に丁寧なサービスを提供している様子がこの本からも読み取れる。マネジメントコンサルテーションやCISD等、EAP独自のサービスの解説も入っており、単なる「電話相談サービス」とEAPが全く違うものであることが理解できる。

EAP導入の手順と運用―図解版
市川 佳居 (著)  かんき出版

日本EAP協会副会長の市川佳居氏の書籍。現在のEAP事情や、EAPの活用方法、導入手順、運用定着の方法等、EAP導入を検討している経営者・人事の方には役立つ具体的な情報が多数掲載されている。今後は1次予防分野や組織活性のために何ができるか、といった視点での情報を期待したい。

会社のストレスに負けない本
渡部 卓 (著)  大和書房

ライフバランスマネジメント社長の渡部卓氏の書籍。著者のビジネス経験に基づき、個人と組織がストレスと上手くつきあう方法を示唆している。特に外資系や首都圏の一流企業で働くビジネスパーソンには共感・納得できる部分が多いのではないか。非常に読みやすく、入門編としてもお勧めできる。

メンタルヘルス参考図書

製造現場のためのメンタルヘルス―部下の「心の病」に気付いたとき…
鈴木 安名 (著)  日本プラントメンテナンス協会

現在メンタルヘルスの本は数百冊以上出版されていますが、「製造現場の〜」というタイトルでは唯一のメンタルヘルス本でしょう。著者は医師でありながら、労働者の目線に立って、分かりやすくメンタルヘルス対策のポイントを解説している。また、従来の「福利厚生」や「リスクマネジメント」という観点ではなく、「会社全体の生産性」に影響を与える問題としてメンタルヘルス対策を扱えているところが共感できる。
特に製造業(メーカー)の人事部・安全衛生関係者には必読の書と言えよう。

働く女性のメンタルヘルスがとことんわかる本
鈴木 安名 (著)  あけび書房

「女性」を対象としたメンタルヘルス対策の書籍も珍しい。どうしたら心の健康を保つことができるのか?という問いに対して、「考え方」「コミュニケーションの技術」「仕事のマネジメント」というヒントを与えてくれる。特に仕事の段取りや優先順位の付け方等は、男性でも多いに役立つ内容である。

仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る働き方とは
小杉 正太郎 (著)  川上 真史 (著) 日本経済新聞社

職場のメンタルヘルス対策、EAPと言えば、すぐにカウンセリングで解決する、という安易な考えに警鐘を発している。ストレッサー(ストレス原因)ははっきりしているので、あればそこに直接アプローチする必要がある。今後はEAP業界も心理系のカウンセラーだけでは付加価値を提供できず、組織人事を理解した専門家が必要となるであろう。

社内うつ―職場ストレスのコントロール術 こころライブラリー
小杉 正太郎 (著)  講談社

精神医学的な「うつ」の定義とは違い、職場内で不活性状態である「社内うつ」が増えている実感はどこの企業でもあるはずだ。「ストレスカウンセリング」というストレスに対するコーピング(対処法)を共に考えるというアプローチはもっと多くの場に広がって欲しいと思う。

人事担当者のための実践メンタルヘルス・マネジメント
予防から復職までのノウハウと実際例  労務行政研究所

労政時報の別冊として今回特別にまとめられた。タイトル通り、「実践」的であり、ノウハウを得るのに参考になる。型どおりのメンタルヘルス対策ではなく、このように企業の実情を反映したベストプラクティス的な書籍がもっと出てくれば良いと思う。

メンタルヘルスと職場復帰支援ガイドブック
日本産業精神保健学会(編集)中山書店

現在メンタルヘルス対策分野で最も注目を浴びている「職場復帰支援」に関して詳しく書かれた貴重な本である。先行して取り組み、すでに効果をあげている企業の具体的取り組みに関する情報が掲載されている。自社でプログラムを策定する際にとても役立つであろう。

働く人の心の健康づくり―指針と解説
中央労働災害防止協会 (編集)

平成12年8月に発表された「事業場における心の健康作りのための指針」に関して詳しく解説がされている。メンタルヘルス対策を考えるにあたり、まず基本とすべき本だろう。巻末には付属のCD-ROMが付いており、職業性ストレス簡易調査票の情報も得ることができる。



株式会社フジEAPセンター
Copyright (C) 2006 Fuji EAP Center. All Rights Reserved.